空き家のほうが売れやすい訳

空き家のほうが売れやすい訳

住み替えなどで、ご自宅を売却される際、2つの売却方法がある。

1つ目はお住まい中のまま売却を開始する方法。住みながら購入希望のお客様に見学していただく方法。

2つ目は退去して、不具合が目立つ部分のリフォームやハウスクリーニングを行い空き家で売却を開始する方法だ。

皆さんはどちらが早く売れると思われるだろう?
もちろん後者の空き家だ。
その理由は何であろうか。

先ず大きな要素として、購入希望者が気兼ねなく隅々まで見学できる事。
物件にもよるが、購入者にとっては押入れの中やキッチンの収納部分までしっかりと見たいもの、しかし、お住い中だと、クローゼット位はご覧になる方もあるが、流石にキッチンの扉まで開けてご覧になる方はいらっしゃらない。
更に家具等が有るとその裏側は見えないことも多い。
要は高額な商品を購入するのに隅々までチェックできないものを誰が買うだろうかという事だ。
最近はご入居中の物件は見学したくないと遠慮されるお客様も多いのだ。
これでは土俵に上がらないので成約は見込まれない。

一般的に中古品を販売する際、その商品を見栄え良く磨いたりメンテナンスして売るものだ。

不動産も売却するために、見栄え良くしたりメンテナンスをすることで売れやすくなる。
不動産も商品なのだ。

住みながら隅々まで見ていただくようにするには、先ず動産(家財)の殆どを処分し、傷みの目立つ部分のメンテナンスをする。
少ない家具や生活感を無くしてモデルルームの様な部屋にすれば、不動産営業も案内しやすいし、自信を持って勧めることも出来るだろう。
とは言え、そう簡単ではないのも事実。

それならいっその事空き家にしよう。
退去して賃貸に住むことも一つの案だが、家財を預けてマンスリーマンションや民泊を利用する方法などもある。
空き家にするとこれまで気づかなかった部分も見え、修繕して売却できるため、引き渡し後のトラブルも減る。
購入する者にとって、全てが見えれば、購入してすぐに直したい箇所、将来修繕したい箇所等の計画や資金繰りが立てやすい。結果、成約に結びつきやすいのだ。
不動産を「売れやすい商品」にすることが重要である。

最後に居住中のまま、何も直さずにすばやく売る方法が一つある。
不動産会社の買い取りだ。
売却価格は下がるが、仲介手数料や余分な費用がかからないし、ご近所の誰にも知られず広告にも出ず、希望日に引っ越し出来る。

株式会社椿不動産では不動産の買い取りサービスを積極的に行っており、査定や相談は無料なので気軽に利用して欲しい。