スーパーシティ法案とスーパーシティ構想

5月13日付日経新聞の記事によると「スーパーシティ法案成立へ」の見出しで4月16日にスーパーシティ法案が衆院を通過し、今国会で成立する見通し。とある。

この法律何?という事で調べてみた

 スーパーシティ法案とは、スーパーシティ構想を実現する国家戦略特区法改正案である。
スーパーシティ構想とは、AIやビッグデータを使って、物流・医療・教育・行政・エネルギー・キャッシュレスなどあらうる分野の先端技術を組み合わせてその相乗効果で住みやすい都市づくりを目指す。 とある。

 従来の国家戦略特区を基礎としスーパーシティ用の特別な枠組み(住民合意を前提に、より迅速・柔軟に域内独自の規制特例を設定)を新たに追加する法案である。

 

内閣府国家戦略特区のPDF資料から借用

背景

 海外では、雄安・トロント等が白地から未来都市を作り上げるグリーンフィールド型の取り組みをしていたり、どばい・シンガポール等既存の都市を作り変えるブラウン型フィールドの取り組みを行うなど、最先端の技術を使用した都市づくりを始めている。  例えばモビリティに関する構想、建物インフラに関する構想(モジュール化したパーツで建築)、交通違反や渋滞対策にAI分析(信号制御)を活用事例が始まっている。  一方日本は手つかずで大きく遅れている状況。

特区の決まり方
  1. 区画計画の決定
    区域会議で基本構想案を作成~自治体議会で承認~住民合意~総理認定
  2. 規制特例の設定
  3. 規制特例の運用
特区になると

 自家用車やトラック等の自動走行から始まり、ドローンの配送、AIホスピタル、オンライン診療、遠隔教育等が他に先駆けて加速的に整備されるものと思われる。

では我々にどのような影響があるのか

 まだ、現実的ではない状況であり分からないが、便利になる反面、性急な変化についていけない住民の混乱、情報漏洩等の不安等が考えられる。
しかし、特区に不動産をお持ちなら、注目度が上がり若者が住みたい街になるだろうから、地価が上昇し賃料も上昇するだろう。

リンク

●内閣府国家戦略特区 https://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc/index.html

●スーパーシティ構想について https://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc/supercity/setsumei_naikakufu.pdf

●スーパーシティ構想の実現に向けて https://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc/supercity/saisyu_houkoku.pdf